呉市天応大浜で94歳の母親と同居する66歳の息子が殺人未遂

4月2日朝早く、広島県呉市の住宅で、一緒に住む94歳の母親の首を絞め、殺害しようとしたとして66歳の無職の男が殺人未遂の疑いで逮捕された。広島県警によると、逮捕されたのは広島県呉市天応大浜の無職、西原正勝容疑者。2日午前6時すぎ、自宅で一緒に住む94歳の母親を殺害しようと紐で首をしめたとして、殺人未遂の疑いが持たれている。

母親は顔面うっ血や首の皮下出血などのケガを負ったが、命に別状はないという。

犯行後、西原容疑者自身が110番通報し、駆け付けた警察官に緊急逮捕された。

「殺そうとしたことに間違いありません」と容疑を認めているという。

西原容疑者は母親と2人暮らしで、警察は動機や詳しい犯行の経緯について捜査している。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ