広島ドラゴンフライズの選手ら合わせて17人が新型コロナウイルスに感染

3月25日、プロバスケットボールB1リーグの広島ドラゴンフライズは、遠征に行った選手やスタッフにPCR検査を実施したところ、選手9人、スタッフ8人あわせて17人が新型コロナウイルスの陽性が確認されたと発表した。3月26日・27日に予定されていた群馬戦は中止されるという。広島ドラゴンフライズではこれまでに選手2人の感染が確認されていた。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ