竹原市の国道2号で大型トラックと正面衝突した軽乗用車の会社員女性が死亡

3月22日朝、竹原市の国道で軽乗用車と大型トラックが正面衝突し、軽乗用車の運転手が死亡した。22日午前7時ごろ、竹原市新庄町の国道2号で、東広島市方面に走行中の軽乗用車と三原市方面に走行中の大型トラックが正面衝突した。

この事故で、軽乗用車を運転していた三原市中之町2丁目の会社員・清代美智子さん(36)が搬送先の病院で死亡が確認された。

大型トラックを運転していた男性(42)にけがはなかった。

現場は、片側1車線のカーブで、当時、雨が降っていて路面は濡れていたという。

警察は、軽乗用車が何らかの原因で車線をはみ出したとみて、事故の詳しい原因を調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ