銀山町86歳男性殺害事件で冨田幸誠被告に無期懲役の判決

3年前の2019年、広島市で86歳の男性を殺害し現金を奪ったなどとして、強盗殺人などの罪に問われていた被告の裁判が行われ、広島地方裁判所は「犯行は悪質で、有期刑に減軽する余地はない」として検察の求刑どおり、無期懲役の判決を言い渡した。

住所不定無職の冨田幸誠被告(37)は3年前、広島市中区銀山町で86歳の男性の住宅に台所の窓から侵入し、男性の首などを刃物で刺して殺害した上、現金およそ3万5000円を奪ったなどとして強盗殺人と住居侵入などの罪に問われていた。

これまでの裁判で検察が「くむべき事情もない」として無期懲役を求刑したのに対し、被告の弁護士は「犯行はいきあたりばったりで、強い殺意は認められない」などとして有期刑が相当だと主張していた。

広島地方裁判所で行われた3月15日の判決で、杉本正則裁判長は「犯行は倒れた被害者の首を強い力で複数回、刺していて、悪質である」と指摘した。

その上で「ある程度の下調べをしたこともうかがえ、被害者を殺害してまで金を奪った意思決定は強い非難に値する。動機や経緯にくむべきものはまったくなく、有期刑に減軽する余地はない」と指摘し検察の求刑どおり、無期懲役の判決を言い渡した。

裁判のあと、被告の弁護士は「主張が認められず不満がある。被告と相談した上で控訴するか検討する」と話した。(NHK広島)


【合わせて読みたい記事】
銀山町の廃業旅館「千龍荘」で住人男性が刃物で首を切られ死亡

銀山町廃業旅館殺人事件で冨田幸誠容疑者(34)を全国指名手配

呉の小太り冨田幸誠容疑者の生い立ちと逃走の足取り

指名手配中の冨田容疑者が大阪から東京べ逃走中

指名手配中の呉の小太り冨田容疑者を滋賀県大津市で逮捕

小太り冨田容疑者、逮捕時に果物ナイフとカッターナイフを所持していた

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ