広島大規模買収事件で議員ら34人を一転起訴

3月14日、河井克行元法務大臣の実刑判決が確定した3年前の参議院選挙をめぐる大規模な買収事件で、広島地方検察庁は、現金を受け取ったとされながら不起訴になったあと、検察審査会から「起訴すべき」と議決された広島の地元議員らのうち、体調不良の1人を除く34人について、公職選挙法違反の罪で一転して起訴した。

このうち25人は書面だけの審査で罰金刑などを求める略式起訴で、買収の趣旨を否定するなどした9人は正式に起訴され、公開の法廷で裁判が開かれる。

起訴された34人は、今後、有罪が確定すれば、公職選挙法の規定で公民権が停止され、現職の議員は失職する。

一方、「起訴相当」とされた体調不良の1人と、「不起訴不当」とされた46人のあわせて47人について、東京地検特捜部は改めて不起訴にした。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ