路上に倒れていた男性がトラックにはねられ死亡

3月7日夜、広島市の市道で、横断歩道の付近にいた男性が大型トラックにはねられて死亡した。7日午後7時10分ごろ、広島市西区鈴が峰町の市道で、横断歩道の付近にいた男性が、東に向かって走ってきた大型トラックにはねられた。

男性は全身を強く打って、その場で死亡が確認された。

警察によると、目撃者などの話から、男性は事故の前に何らかの原因で道路の上で倒れていたとみられるという。男性の年齢は60代くらいとみられ、警察が身元の確認を進めている。

現場は片側2車線で、大型トラックから見て下り坂の直線道路で、信号のある交差点の近く。

大型トラックを運転していた24歳の会社員の男性にけがはなく、警察はこの男性から話を聞くなどして、事故の詳しい状況を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ