岸田文雄首相が非核三原則を堅持、松井市長「核の傘」はイリュージョン

岸田文雄首相が改めて非核三原則を堅持したようだ。キッシーはウクライナに侵攻したロシアが核兵器の使用を示唆したことなどを受け、プーチン大統領の言動を厳しく批判した。

日本領土内に米国の核兵器を置いて共同運用する「核共有」政策についても、安倍晋三元首相らの提起を退けた。非核三原則を堅持し、国際社会に核軍縮を改めて訴えていく考えを示した。

核兵器を運用するロシア部隊が警戒態勢を高めたことを「言語道断」と非難した。

被爆地広島選出の首相として「核による威嚇も、ましてや使用も、万が一にも許されることではないことを首脳外交や国際会議の場でも訴えている」とした。

安倍氏が核共有政策の議論を「タブー視すべきではない」と発言し、同調の動きが自民党や野党の一部から出ているが、首相は、「持たず、つくらず、持ち込ませず」の非核三原則を「堅持していく」姿勢を強調した。

「原子力利用は平和目的に限ることを定めている原子力基本法をはじめとする法体系との関係から認められない」と指摘した。(中国)

ところで、広島の松井市長は核兵器保有によるいわゆる「核の傘」(核の抑止力)については”イリュージョン”(幻想)だと言っている。果たして本当に幻想なんだろうか。それとも、そんなことを言っている年寄り連中の方がイリュージョンなんだろうか。

人類が生み出した核兵器の議論に終わりはなさそうだ。
 
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ