暴力団事務所のそばで480万円が奪われる

2月20日、広島市中区の路上で、42歳の男性が自転車に乗ろうとしていたところ、近づいてきた男に自転車のかごから現金およそ480万円が入ったバッグを奪い取られたと交番に届け出があったという。

20日午前8時ごろ、広島市中区銀山町の路上で、42歳の男性が自転車に乗ろうとしたところ、近づいてきた男に、自転車のかごに入れていたバッグを奪い取られたと、この男性から近くの交番に届け出があった。

被害を届け出た男性は、バッグの中に現金およそ480万円と財布などが入っていて、バッグを奪った男は、現場から走って逃げたと話しているという。

男性によると、男は年齢不詳で、身長が1メートル70センチから1メートル80センチくらい、服装はいずれも黒色のニット帽にジャンパー、それにズボンを着ていて、白いスニーカーをはいていたという。

警察は、強盗事件として男の行方を捜査するとともに、被害を届け出た男性から話を聞くなどして慎重に調べている。(NHK広島)


画像の向こうに暴力団事務所がある。手前左側の空き雑居ビルは権利が複雑に絡んでいる。

広島市中区銀山町 強盗

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/9398aea91d98a354e6e8eda2842d69ac1873c6f7

広島

2022/02/21 (Mon) 04:11 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ