広島市民病院の職員が飲酒運転で八丁堀で単独事故

2月9日夜、広島市民病院の職員が飲酒運転で逮捕された。9日午後11時ごろ、広島市民病院の職員・尾嶋晃容疑者(41)は、広島市中区八丁堀の市道で酒を飲んだ状態で車を運転した疑いがもたれている。尾崎容疑者は中央分離帯に乗り上げる単独事故を起こし、現場に駆け付けた警察が調べたところ、呼気から基準値の3倍を超えるアルコールが検出されたという。この事故によるけが人はいなかった。(HOME)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ