パワハラ&へんてこ体質呉の市議が北海道の釧路空港でエア・ドゥに降ろされる

広島県呉市の谷本誠一市議(65)が、北海道の釧路空港でAIRDO(エア・ドゥ、札幌市)の旅客機に搭乗した際、マスクの着用を拒み、離陸前に降ろされていたという。このトラブルで、離陸は約1時間15分遅れたという。

※呉といえば、ガマガエルみたいな社長のいる中通の会社がある。ガマガエル社長は面接のとき、総務が対応を間違えると平気で怒鳴るパワハラ社長。そしてここには嫌味なへんてこFラン大卒の女もいて社員教育が全く出来ていないどうしようもないのだ。そんな「へんてこ&ポンコツ」なのが呉市である。

同社と谷本市議によると、谷本市議は6日午前9時50分発の予定だった釧路発羽田行きの同社72便の機内に知人男性と入った。2人ともマスクを着けていなかったため、離陸前に乗務員が着用を要請した。だが2人が応じなかったため、同社は運送約款に基づいて搭乗を拒否し、2人を降ろした。同機は乗客44人で離陸したという。

同社は「他の乗客に不快感や迷惑を及ぼし、安全や健康に危害を及ぼす恐れがあると判断した」としている。

谷本市議は5日に釧路市内で講演し、呉市に戻る途中だった。「マスク着用を求められたが、強制はできないはずだ。搭乗拒否は事実上のマスク強制であり、自由を奪う人権侵害ではないか」と話したという。(朝日)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ