起訴相当で広島県議が初辞職

2019年の参議院選挙をめぐる大規模買収事件で、検察審査会に「起訴相当」と議決された高山博州県議会議員が、2月7日に辞職届を提出する意向。

高山県議は、3年前の参議院選挙をめぐる大規模買収事件で、河井克行元法務大臣から30万円を受け取り、検察審査会に「起訴相当」と議決されていた。

中本議長によると、高山県議は7日午後、辞職届を提出する予定だという。議決を受けた議員の辞職は3人目で、県議会議員としては初めて。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ