2021年の転出超過7159人で全国ワーストの広島は魅力ない?経営者が乱暴で悪い?

総務省が1月28日発表した2021年の住民基本台帳人口移動報告によると、中国5県はいずれも転出者数が転入者数を上回る「転出超過」が続いたという。転出超過数は山口県、島根県を除く3県で拡大した。広島県は7159人と前年比1889人増え、全国で最大となった。

転入は鳥取県を除く4県で減った。岡山県は減少率が1.6%と中国5県で最も大きい。一方転出は鳥取、広島、岡山の3県で増え、山口、島根の2県は減った。この結果、転出超過数は広島県が7159人でトップ、次いで岡山県の3195人となった。

市町村別にみると、中国5県で転入超過数が最も多かったのが島根県出雲市の771人。外国人定住策などに力を入れ、日本人・外国人ともに転入超過となっている。

次いでマツダの本社がある広島県府中町の758人、広島県東広島市の554人の順。府中町は全国の町村のなかで転入超過数がトップだった。一方、転出超過数が最大なのは広島市の2632人。次いで日本製鉄の製鉄所が21年9月に高炉を停止した広島県呉市の2108人だった。(日経)

総務省の報告については福岡県や愛媛県への転出など、従来の進学や就職とは違う傾向がみられるという。全国最多は19年の8018人に続き2年ぶりの2回目。20年は5270人で7位。

【7159人の転出超過の内訳】

転出5万2551人(東京圏1万2849人、大阪圏9665人、福岡県3768人、愛媛県1932人、静岡県719人、茨城県485人など)。

転入4万5392人(-)

広島は仕事しずらい?住みにくい?人が悪い?

転出者数が毎年上位に君臨する広島という地方社会は、はっきり言えばいい加減で乱暴な会社経営者が多いため、やはり仕事がしづらく、魅力がないということが浮き彫りとなった。少し反論しようとすると「人としておかしい」とか「出ていけー!」と大声で怒鳴る在日社長。この在日は、上記の転入者数が最大となった府中町に家を構えて住んでいるから近隣もたまったもんではない。

さらにタシロ社員も自分が可愛いため、「社長の言う通りです!」「社長に反論するのはよくないです!」と、在日社長の言い分が間違っていたとしても社長に迎合するありさま。

広島の労働社会で正論を言おうとするなら村八分だ。こんな陰湿でアホな奴らとまともに仕事なんか出来ようもないから、仕事が出来る人は広島を去るのだろう。

そして今日もアホな連中が四面楚歌で働くのだ。
関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

たしかに

2022/02/04 (Fri) 13:33 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ