安芸高田市の産廃処理施設で火災

1月21日、安芸高田市にある産業廃棄物の処理施設で火事があり、通報のあった21日夜からおよそ20時間たった今も燃え続けているという。21日午後9半すぎ、安芸高田市八千代町で「山から煙が出ている」と地元の住民から消防に通報があり、付近にある産業廃棄物の処理会社「ファイブグッド」の敷地が燃えているのが見つかった。

消防車10台やヘリコプターなどが出動して消火活動を続けているが、これまでにおよそ7000平方メートルある会社の敷地のうち、タイヤや機械などおよそ5600平方メートルが焼け、21日夜の通報からおよそ20時間たった今も燃え続けている。

警察によると、これまでに燃えた範囲は会社の敷地内で、現場の近くに民家はなく、けがをした人はいないという。

消防は、引き続き消火活動を行っている。(NHK広島)



安芸高田市 産廃施設 火災

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ