用水路のかさ上げ工事中に男性がショベルカーの下敷きになり死亡

1月19日、東広島市で用水路のかさ上げ工事の最中に、作業をしていた男性がショベルカーの下敷きになって死亡した。19日午前9時すぎ、東広島市西条町田口の工事現場で、「重機が転倒して、男性が胸を挟まれた」と消防に通報があった。

挟まれた男性は広島市安芸区矢野西の実川明さん(49)で、病院に搬送されたがおよそ1時間後に死亡が確認された。

事故当時、実川さんは作業員数人で用水路のかさ上げ工事を行っており、ショベルカーを運転して用水路にコンクリートを移す作業を行っていたという。

その際、止めていたショベルカーが何らかの理由で傾き、外に投げ出された実川さんが倒れてきたショベルカーの下敷きになった。

警察は、事故当時の状況を詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ