女子高生にみだらな行為をした廿日市市の小学校教師を逮捕

1月11日、小学校教諭(24)が廿日市市内のホテルで女子高校生にみだらな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、廿日市市の市立小学校の教諭、福元輝貴容疑者(24)。

警察によると、福元容疑者は去年6月、廿日市市内のホテルでSNSを通じて知り合った女子高校生が18歳未満であることを知りながら、みだらな行為をした疑いが持たれている。

去年11月の深夜に別の18歳未満の少女と一緒にいる福元容疑者を見つけたことから警察が捜査していた。

調べに対し、福元容疑者は、「みだらな行為をしたことは間違いないが、年齢を聞いたかどうかは覚えていない」と供述し容疑を否認しているという。(NHK広島)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ