マンションのゴミステーションを焼いた40代の女が逮捕される

1月9日、広島市でマンションのゴミステーションが焼けた火事で、40代の女が逮捕された。器物損壊の疑いで逮捕されたのは、広島市西区三篠北町の無職・折口聡子容疑者。警察によると、折口容疑者は7日午後10時ごろ、自宅のマンション敷地内のゴミステーションをなんらかの方法で焼いた疑いが持たれている。

折口容疑者は「ゴミ箱の中身が燃えて焦げている」と自ら通報していて調べに対して「やっていません」と容疑を否認しているという。

このマンションでは1月3日と4日にも不審火が相次いでいて、関連を調べている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ