東広島市黒瀬町で住宅が全焼、焼け跡から1人の遺体が見つかる

1月3日、東広島市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。3日午後3時前、東広島市黒瀬町津江で「住宅が燃えている」と近所の人から119番通報があった。消防車4台が出動し、火は約4時間後に消し止められたが、武井修さん(68)の住宅1棟が全焼し、焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。

警察によると、この家には武井さんが1人で住んでいたとみられ、現在、本人と連絡がとれていないという。警察は遺体が武井さんではないかとみて、身元の確認を急ぐとともに火事の原因を詳しく調べている。(TSS)



東広島市 火事

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ