山陽自動車道「志和トンネル」で車9台が絡む事故

12月30日午前、帰省などで混雑する山陽自動車道のトンネルの中で少なくとも車9台が関係する事故があり、男性2人が病院に搬送された。30日午前11時20分ごろ、山陽自動車道の東広島市と広島市安佐北区の境にある志和トンネルの中で、複数の車が関係する事故が起きた。

警察と消防によると、事故は少なくとも車9台が関係していて、このうち同じ車に乗っていた男性2人が病院に搬送されたという。

事故の影響で東広島市の志和インターチェンジと広島市の広島東インターチェンジの間の下り線が午前11時半前から通行止めとなっている。

当時、山陽自動車道は帰省などで混雑していたということで、警察が事故の詳しい状況を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ