「安田女子中学・高校」で実名入りのいじめの会議録が生徒に漏れる

広島市中区にある私立の中高一貫校で10月、いじめの被害を訴えている生徒の実名などを記した会議録を、教員が誤って学校限定のオンラインのページに投稿し、一部の生徒が一時閲覧できる状態になっていたという。

「安田女子中学・高校」によると、10月28日夕方、オンラインの管理ツールを使って生徒指導の会議録を教員の間で共有しようとしたところ、担当教員が操作を誤って生徒へ連絡事項を伝えるページに投稿し、一部の生徒が閲覧できる状態になっていたという。

会議録には、いじめの被害を訴えている生徒の実名や被害内容のほか、不登校の生徒への対応内容などが記されていたという。

学校関係者が誤って投稿されていることに気づき、およそ5分後に会議録を削除したという。

このページは生徒しか閲覧できないが、何人の生徒が閲覧したかはわからないという。

学校側は、会議録に名前が載っていた生徒に対し直接謝罪したうえで、全校生徒の保護者にもメールで謝罪したという。

一方、学校では閲覧できたのが生徒たちだけだったとして、公表していなかった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ