庄原市の養護施設で男の介護職員の下半身を90代のばあさんに触らせて遊んだ介護職員2人を逮捕

21年9月、庄原市口和町の養護施設で、入所中の高齢女性に男性の下半身を触らせるわいせつな行為をした疑いで、介護職員2人が準強制わいせつの疑いで逮捕された。逮捕されたのは、三次市十日市南3丁目の介護職員・宇津宮卓也容疑者(27)と庄原市宮内町の介護職員・池田瑠里子容疑者(37)。

警察によると、21年9月25日午前3時15分ごろ、二人は勤務している庄原市口和町永田の特別養護老人ホームで、入所中の90代高齢女性に宇津宮容疑者の下半身を手で触らせるわいせつな行為をした疑いが持たれている。

宇津宮容疑者は10月25日に、同施設の女子更衣室に侵入した疑いで逮捕され、11月15日に処分保留で釈放されていた。警察によると、宇津宮容疑者の押収品を精査したところ今回の事件が発覚したという。

警察の調べに対して、宇津宮容疑者は「その通り、間違いありません」と容疑を認めているが、池田容疑者は「覚えていないけど、やったかもしれない」と一部否認しているという。

特別養護老人ホームの施設長によると「2人の勤務態度は熱心であり、正直驚いている」という。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ