広島市中区でバイクに衝突して逃げた車の会社員を逮捕

11月4日午後、広島市中区の県道で原付バイクに衝突しケガをさせたにも関わらず、そのまま逃走した42歳の会社員の男が、ひき逃げなどの疑いで11月5日、逮捕された。逮捕されたのは、広島市安佐南区の会社員・幸田伸容疑者(42)。

警察によると、幸田容疑者は4日午後3時45分ごろ、広島市中区東千田町で、運転中の乗用車を右折させたところ直進中の原付バイクに衝突し、転倒させ、そのまま逃走した疑いがもたれている。

バイクに乗っていた39歳の男性は足首を捻挫するなど3週間のけがをした。

警察は、目撃者の情報などから幸田容疑者を特定し、5日、逮捕に至った。

調べに対し幸田容疑者は、「事故を起こしたが、逃げようと思って立ち去ったわけではない」と供述しているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/7cf1f2a15da6b8d56e9026f45b689eeaf880296f

広島市職員

2021/11/08 (Mon) 20:18 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ