【2001年・未解決事件】福山市明王台主婦殺人事件で犯人の男を逮捕

2001年、広島県福山市で、主婦の大石朝美さん(当時35歳)が自宅で刺殺された事件で、県警は10月25日、無職の竹森幸三容疑者(67)=福山市西新涯町1=を殺人容疑で逮捕したという。逮捕容疑は2001年2月6日午後0時45分ごろ、福山市明王台5丁目の大石さん方で、大石さんの腹部を果物ナイフで突き刺すなどして殺害したとしている。

竹森容疑者は「記憶にない」と容疑を否認しているという。

県警によると、警備会社の通報で駆けつけた警察官が、部屋着姿で階段で倒れている大石さんを発見。間もなく死亡が確認された。

事件当時、夫は外出中で、1階居間にいた長女(当時9カ月)は無事だった。室内が物色された形跡はなかったという。県警は殺人事件として福山西署に捜査本部を設置。容疑者のものとみられる靴の写真などを公開し、捜査していた。(毎日)


【合わせて読みたい記事】

福山市明王台の未解決主婦殺人事件

未解決事件現場の今 ~ 開設10周年記念企画第2弾


現場の血痕DNA型が容疑者と一致 

広島県福山市で2001年、主婦が自宅で刺殺された事件で、現場には主婦以外の血痕があり、DNA型が殺人容疑で逮捕された無職、竹森幸三容疑者(67)のものと一致したことが分かったという。竹森容疑者は2001年2月6日午後0時45分ごろ、同市明王台5丁目の民家で、この家に住む主婦(当時35歳)の腹部を果物ナイフ(刃渡り約10センチ)で突き刺すなどして殺害した疑いで10月25日に逮捕された。

捜査関係者によると、主婦は1階と2階の間にある階段で倒れているところを発見された。部屋着姿で、腹部にナイフが突き刺さっていた。室内は物色された形跡がなく、容疑者のものとみられるテニスシューズの跡や血痕が残っていたという。ナイフは主婦宅にあったものではなく、県警は竹森容疑者が持参したとみている。

主婦の遺族は県警に対し、竹森容疑者について「面識がなかった」と説明。竹森容疑者は事件当時、福山市内で造園業を営んでいたとみられ、県警は主婦との接点について調べている。(毎日)


竹森幸三容疑者
竹森幸三容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ