日本共産党広島・大西理氏の選挙ポスターが燃やされる

10月25日、衆議院選挙に立候補している日本共産党の候補者のポスターが、燃やされているのが見つかったという。25日午前10時45分ごろ、広島市中区西白島町にある共産党・広島市議の事務所で「事務所前に掲示してあるポスターの一部がライターで燃やされているようだ」と、通報があった。

警察などによると、燃やされたのは、10月末に投開票予定の衆院選に立候補している共産党の候補者の選挙運動用ポスターなど合わせて4枚。

ポスターは昨夜からけさにかけて燃やされたとみられ、事務所関係者が発見し、被害届を提出した。警察は公職選挙法違反などの疑いなどで、詳しく調べを進めている。(TSS)

※テレビ報道によると、燃やされたのは大西理氏のポスターで、目などが燃やされて穴が開いていた。

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ