福山市松浜町のゲーム喫茶店で賭博3人が逮捕

福山市で客3人を相手に賭博をしたとして、ゲーム喫茶店の店長の男など3人が逮捕・送検された。常習賭博の疑いで逮捕・送検されたのは、福山市に住む韓国籍の店長・金斗龍容疑者(66)と、従業員の渡部正和容疑者(58)、倉敷市の不動産経営・岡部昭秀容疑者(75)。

警察によると、金容疑者らは、10月9日午後9時半ごろ、福山市松浜町にあるゲーム喫茶店で、客3人を相手にバカラゲーム機を使って店内で換金可能なチップを賭けて賭博をした疑い。また、岡部容疑者は、ゲーム喫茶店を賭博場として経営していた疑いもたれている。

取り調べに対し、金容疑者と渡部容疑者は容疑を認めていて、岡部容疑者は「経営をしていない。バカラ台などをレンタルしていただけ」と、容疑を否認しているという。

警察は、3人が賭博で得た利益や金の流れなどについて詳しく調べている。(RCC)



福山市松浜町 ゲーム喫茶店 賭博

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ