呉市阿賀北で横断歩道を歩いていた89歳の高齢者が車にはねられ死亡

10月9日夜、呉市で横断歩道を歩いて渡っていた89歳の女性が貨物自動車にはねられ死亡した。9日午後6時半すぎ、呉市阿賀北6丁目の市道で、横断歩道を歩いて渡っていた近くの髙橋芳子さん(89)が、普通貨物自動車にはねられた。髙橋さんは病院に搬送されたが、およそ2時間後に死亡した。

警察は、貨物自動車を運転していた会社員の山本宜史容疑者(42)を過失運転致傷の疑いでその場で逮捕した。現場は、片側2車線の見通しの良い直線道路で、事故当時、横断歩道は青信号だったという。警察は、山本容疑者が信号を見落とした可能性があるとみて、詳しい状況を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ