岸田内閣支持率、共同55.7%、毎日49%

共同通信社が岸田内閣の発足を受けて4、5両日実施した全国緊急電話世論調査で、内閣支持率は55.7%となった。不支持率は23.7%だった。岸田文雄首相が安倍晋三元首相、菅義偉前首相の政権の路線を「転換するべきだ」との回答が69.7%を占めた。継承するべきだ」は24.1%だった。岸田内閣が最優先で取り組むべき課題は、新型コロナウイルス対策と経済政策がともに27.9%で最多となった。

調査手法が異なるが、昨年9月の菅内閣が66.4%。第2次安倍内閣が62.0%。菅内閣の9月上旬の最後の調査結果は30.1%だった。

回答は固定電話535人、携帯電話552人。


毎日は49%

毎日新聞と社会調査研究センターは4、5日、岸田文雄内閣の発足を受け緊急の全国世論調査を実施した。内閣支持率は49%と5割に届かず、昨年9月の菅義偉内閣発足時の64%を大きく下回った。不支持率は40%だった。閣僚の顔ぶれに「期待感が持てる」との回答は21%にとどまり、「持てない」が51%に上った。

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ