廿日市市の国道2号でガードレールに衝突した78歳の運転手が死亡

10月3日朝早く、廿日市市の国道で軽乗用車がガードレールに衝突し、運転していた70代の男性が死亡し、後部座席に乗っていた40代の男性も意識不明の重体。3日午前5時ごろ、廿日市市串戸6丁目の国道2号線で、軽乗用車が歩道側のガードレールに衝突した。

この事故で、車を運転していた廿日市市阿品台北の永登將司さんが(78)病院に搬送されたが、およそ2時間半後に死亡した。

後部座席に乗っていた永登さんの43歳の息子も意識不明の重体となっている。

現場は片側2車線の見通しの良い直線道路で、警察が事故の詳しい状況を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ