岸田文雄新総裁「ゲスの怪」「ドリル優子」「香典高木」面白い人選は自分が面白くない男だから?

岸田文雄氏が新総裁に就任した自民党が10月1日、党役員人事を発表したが、それがネットで揶揄されているという。その揶揄のしかたが面白くみえて興味深いが、たぶんキッシーは自分が”面白くない男”と言われているから面白い人選をしたに違いない。さすが自民党新総裁岸田文雄氏。目の付け所が違う。

幹事長・甘利明
総務会長・福田達夫
政務調査会長・高市早苗
選挙対策委員長・遠藤利明
組織運動本部長・小渕優子
広報本部長・河野太郎

過去に政治と金の問題に揺れた議員が目立つとの指摘が起こっている。

甘利明幹事長は2016年、安倍内閣の閣僚時代に金銭授受疑惑が報じられた。当時会見でマイナンバー制度をPRする際に人気ミュージシャンの楽曲の替え歌をうたったことが話題になったが、そのミュージシャンの不倫疑惑を報じた週刊文春の同じ発売号で、くしくも甘利氏の金銭疑惑が報じられ「ゲスの怪」と揶揄された。

また組織運動本部長に就任した小渕優子氏に関しては、ネット上で「ドリル優子」と揶揄する投稿が目立つ。2014年、小渕氏の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、関係先が家宅捜索された際、書類などを保存していたとみられるパソコンのHDがドリルで穴を開けて破壊されていたと報じられたことから。

国対委員長に就任すると目される高木毅氏に関しては、2015年に香典支出に関する政治資金問題に揺れたことから、ネット上では「香典高木」との投稿もみられる。(デイリー)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ