広島市西区の住宅で高齢夫婦が無理心中

9月21日朝、広島市西区の住宅で、高齢夫婦が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。21日午前7時20分ごろ、広島市西区楠木町の住宅で、高齢夫婦が倒れているのを、親族からの通報を受けて駆け付けた警察官が発見した。

2人は病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。

妻は1階の脱衣場で、夫は2階の一室でそれぞれ発見されたが、刺されたり、殴られたりしたような傷はなく、第三者が侵入した可能性も低いという。

警察は、夫が妻を殺害して無理心中を図った可能性もあるとみて、慎重に調べを進めている。

※亡くなった高齢夫婦は、沖村嘉亮さん(91)、沖村カネコさん(86)。



広島市西区楠町 死亡自殺

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ