廿日市市の国道2号で70歳代2人が交野市の男にはねられる

9月18日夜、廿日市市の国道で歩いていた高齢の女性2人が乗用車にはねられ、2人が意識不明の重体となっていた事故で、このうち72歳の女性が死亡した。18日午後8時すぎ、廿日市市宮浜温泉1丁目の国道2号線で、歩いていた72歳と73歳の女性2人が走ってきた乗用車にはねられた。

2人は意識不明の重体で病院で手当てを受けていたが、このうち廿日市市丸石の宮下タマキさん(72)が死亡した。

乗用車を運転していた大阪・交野市に住む25歳のアルバイト従業員(祢宜一樹)の男性にけがはなかった。

現場は、宮浜温泉に近い片側1車線の国道で、警察は乗用車を運転していた男性から当時の状況を聞くなどして、事故の詳しい原因を調べている。(NHK広島、RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ