JR山陽本線の踏切内に侵入した軽自動車と列車が衝突

9月9日、広島市西区のJR山陽本線の踏切で、普通列車と軽乗用車が衝突する事故があり、軽乗用車に乗っていた男性2人がけがをした。9日午前7時半ごろ、広島市西区高須にあるJR山陽本線の踏切で、普通列車と軽乗用車が衝突した。

この事故で、軽乗用車に乗っていた50代と40代の男性2人がけがをして市内の病院に搬送されたが、意識はあり命に別状はないという。

現場は、山陽本線と併走している広島電鉄の高須駅のすぐそばの踏切で、JR西日本によると、運転士は「踏切内に侵入する車を見つけ非常ブレーキをかけたが接触してしまった」と話していて、乗客にけがは無いという。

軽乗用車は、横転して窓ガラスが粉々に割れるなど大きく壊れていて、警察が事故の詳しい状況を調べている。

この事故で、山陽本線は西広島駅と山口県の岩国駅の間の上下線、広島電鉄の宮島線が広電西広島駅と商工センター入口駅の間の上下線で、午前7時半ごろから運転を見合わせていたが、正午ごろ運転を再開した。(NHK広島)



JR山陽本線 事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef8f8e807a4d0c5353ca2065ab1baf22280ec2ae

変態

2021/09/10 (Fri) 00:51 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ