広島高速3号線出口で事故

9月8日朝、広島市南区の広島高速3号線で、本線とインターの出口との分岐部分に車が衝突し運転していた40代男性が意識不明の重体。8日午前8時半ごろ、広島市南区宇品海岸にある広島高速3号下り線の宇品インターの出口付近で、走行中の車が分岐部分のコンクリートに衝突した。この事故で、運転していた40代の男性が意識不明の重体で病院に搬送された。

警察は、男性が何らかの理由で運転操作を誤ったとして、事故の詳しい原因などを調べている。(TSS)


広島高速3号線 事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ