新型コロナ、大学部活動や高齢者施設など4カ所でクラスター発生

9月2日、広島市は、市内で大学部活動、事業所2か所、高齢者施設のあわせて4カ所でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。このうち大学部活動では、広島経済大学の硬式野球部が活動する場所などで学生がマスクを着用せずに会話するなどして感染が拡がりクラスターが発生した。

これまでに学生26人の感染が確認されている。症状は軽症または無症状。

広島経済大学によると、硬式野球部では8月27日から部活動を停止し、部員全員を自宅待機とし、広島六大学野球秋季リーグについては活動停止期間は自粛するとしている。

市内の事業所では、感染拡大地域に帰省して感染した従業員から感染が拡がりクラスターが発生した。これまでに従業員5人が感染し、いずれも軽症。

また別の事業所では、感染対策を行っていたが9人が感染するクラスターが発生した。症状はいずれも軽症。

市内の高齢者施設では、職員が発症後も勤務するなどして感染が拡がり、これまでに職員2人、利用者3人(80〜90代以上)のあわせて5人が感染した。症状は軽症または無症状。

9月2日の新型コロナウイルスの新規感染者は229人と発表された。(TSS)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ