自民総裁選「菅総理に手ごわい相手が出てきた」田崎史郎氏が岸田文雄議員を称賛

8月26日、自民党の次の総裁を決める選挙に、キッシーこと、広島1区選出の岸田文雄衆議院議員が立候補するという。去年に続いて2度目の挑戦。

キッシーは、「今、国民の間には政治が自分たちの声、現場の声に応えてくれない。国民政党であったはずの自民党に声が届いていないと国民が感じている。政治の根幹である国民の信頼が崩れている。わが国の民主主義を守るために自民党総裁選挙に立候補いたします。」と力説した。

さらに驚くことにキッシーは、党内の改革として、中堅・若手議員を大胆に起用するためにも役員の任期を1期1年、連続3期までとする考えを示した。

キッシーにはめずらしく強行的で大胆な発言だ。これは、二階氏などをけん制して「反二階」という立場をとろうとしている。

この発言について、BS-TBSの報道19:30では、田崎史郎氏が「菅総理に手ごわい相手が出てきた。岸田氏は菅総理より言葉が分かりやすい」「棒読みしていない」などと称賛した。

今のキッシーなら弱った菅総理に勝てるかも知れない。

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ