市立小の業務員が日本酒を起床後に飲み、さらに車で停車して飲んで出勤

8月19日、広島市教委は、飲酒運転して事故を起こした市立小の左古良治業務員(65)を懲戒免職にしたという。6月25日、起床後に自宅で日本酒を飲んでから軽自動車を運転して出勤。途中で道路脇に車を停めてさらに日本酒を飲んで運転し、ガードレールにぶつかる物損事故を起こした。

警察による検査では、基準値の5倍にあたる呼吸1リットル当たり0.75ミリグラムのアルコールを検出した。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ