湯崎知事「買い物は3日に一度」呼びかけても県見は誰も聞いていない

新型コロナウイルスの県内の感染者数が300人を超え急増していることについて、広島県の湯崎知事は8月19日、「感染拡大が落ち着く兆しがなく、明日から10日間は徹底して、感染防止対策を行って欲しい」と呼びかけた。

広島県の湯崎知事は19日午後、県庁で記者団の取材に対し、「お盆の時期に県外からの人が増えたほか、デルタ株への置き換わりも進んで、感染拡大が落ち着く兆しがない。このまま感染が拡大すると、毎日1000人以上の患者が出るようなことになりかねない」と述べた。

その上で、湯崎知事は、「デルタ株が広まっていて、今、家庭の中に入ると、家族全員が感染すると考えてもらいたい。それを避けるために明日から10日間は徹底して、感染防止対策を行って欲しい」と呼びかけた。

【具体的な対策(by湯崎知事)】
●同居している家族以外とは食事をしない
●外出機会の半減のために買い物は3日に一度、まとめ買いをすること
●職場には出勤せずテレワークをすること

などを県民に呼びかけた。(NHK広島)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ