志和町で田んぼを見に行って流された男性が吉島新町の元安川で見つかる

8月19日、広島市の元安川で発見された男性の遺体は、大雨のため8月14日から東広島市で行方不明となっていた80代の男性と確認された。警察などによると、19日午後3時前、広島市中区吉島新町の元安川で「人が浮いているようだ」と通報があった。

遺体の身元を調べたところ、8月14日に東広島市志和町で田んぼの様子を見に行って行方不明となっていた80代の男性とDNA型が一致したという。

これまでの捜索で周辺の川から男性の雨合羽やズボンが見つかっていて、警察が男性の死因について調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ