広島市に大雨特別警報「レベル5」元安川が濁流

8月14日、停滞する前線の影響で、広島県ではこの72時間に降った雨量が、3年前の西日本豪雨を超えて観測史上最も多くなった地域があり、気象庁は午後1時前、広島市に大雨の特別警報を発表した。5段階の警戒レベルのうち、最も高いレベル5にあたる情報で最大級の警戒が必要となる。

停滞する前線の影響で広島県では、13日朝から断続的に激しい雨が降り、14日午後1時までの72時間に降った雨の量は、広島市三入で433.5ミリ、北広島町都志見で405ミリ、広島市湯来で384.5ミリとなり、3年前、平成30年7月の西日本豪雨で降った雨量を超えて観測史上最も多くなっている。

広島市には13日、一時、大雨の特別警報が発表されていたが、その後も断続的に激しい雨が続き、気象庁は再び土砂崩れなどによる重大な災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況だとして、午後0時41分に広島市に再び大雨特別警報を出した。

これまでの雨で中国地方では、山口、広島、岡山の各県で土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、広島、山口、岡山、島根の各県で氾濫の危険性が非常に高まり「氾濫危険水位」を超えている川がある。

広島県では、広島市のすべての区のうち土砂災害警戒区域などの地域や安芸高田市、北広島町のいずれも一部の地域を対象に大雨の警戒レベルで最も高いレベル5の「緊急安全確保」が発表されている。

中国地方では、大気の状態が不安定でこれから15日にかけて、山陽と山陰それに山口県のいずれも1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがある。

15日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、山陽と山陰で180ミリ、山口県で120ミリと予想され、その後も雨は増える見込み。(NHK広島)


濁流の元安川 SNSより
元安川 濁流

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ