世羅町で知人をナイフで刺した男を逮捕

8月10日、世羅町の集合住宅で、知人の男性をナイフで刺して殺害しようとしたとして、46歳の無職の男が逮捕された。殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、世羅町の無職、横山崇文容疑者(46)。

警察によると、横山容疑者は9日午後2時15分ごろ、世羅町西上原の集合住宅で、この部屋に住む知人男性(52)の胸を自ら持ち込んだナイフで刺し、殺害しようとした疑いがもたれている。

刺された男性は全治およそ7日のけがをしたが、命に別状はないという。

その日の夕方に横山容疑者が、「人を刺した」と一人で警察に自首したため事件が発覚し、10日朝、逮捕された。

警察は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ