菅首相が平和記念式典のあいさつで読み飛ばし?暑さで意識もうろう?

8月6日、広島市中区で開かれた平和記念式典に出席した菅義偉首相のあいさつで、一部意味がつながらない部分があったという。用意していた原稿を読み飛ばした可能性があるという。

菅首相はあいさつで「日本は非核三原則を堅持しつつ、核兵器のない、核軍縮の進め方を巡っては各国の立場に隔たりがあります」と述べた。

首相は、式典後に中区のホテルであった記者会見で「先ほどの式典のあいさつの際に、一部、読み飛ばしてしまい、この場を借りてお詫び申し上げる」と述べた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ