新型コロナ、新たに58人が感染、保育施設や海上保安大学の寮などでクラスター発生

8月3日、広島県では新たに58人が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった。内訳は、広島市24人、福山市10人、尾道市6人、呉市5人、三原市と府中市が3人ずつ。廿日市市と東広島市、府中町が2人ずつ、竹原市が1人。

また、尾道市の保育施設では、これまでに園児3人と職員9人がPCR検査で陽性となり、クラスター(感染者の集団)が発生した模様。

呉市の海上保安大学校で、同じ寮で生活している男性研修生6人(20代)が感染。さらに、広島市で社会人サークルの会員らによる会食で男女7人が感染。共にクラスターとされている。

広島市は、県の「集中対策」実施を受け、32の施設を休館したり開館時間を短縮する。(広テレ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ