定時制の高校生が本通で客引きをして逮捕される

8月2日、20歳の定時制高校生が、夜の店の客引きをして逮捕されたという。広島中央署などは、広島市佐伯区五日市町美鈴園、通信制高校3年の下條隼容疑者(20)を県迷惑防止条例違反(スカウト)の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は21年4月22日午後5時25分ごろ、中区本通の路上で通行中の女性に「夜のお店を紹介できるんです。キャバクラなんてどうですか」と声を掛け店で働くよう勧誘した疑い。

本人は「勧誘したことはない」と否認しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ