自宅近くの路上で府中町職員がタオルで高校生の首を絞める

7月23日、広島市東区の路上で、男子高校生の首をタオルで絞める暴行を加えたとして、62才の府中町職員の男が現行犯逮捕された。暴行の現行犯で逮捕されたのは、広島市東区戸坂千足の府中町の自治振興課・職員、岩田慎二郎容疑者(62)。

警察によると、岩田容疑者は23日午後4時ごろ、自宅近くの路上で男子高校生(15)の首をタオルで絞める暴行を加えたため、男子高校生から連絡を受けた家族が警察に通報し、駆け付けた警察官によって現行犯逮捕された。

調べに対し岩田容疑者は、「首にタオルをかけたが、絞めてはいない」と供述しているという。

岩田容疑者と男子高校生の間に面識はなく、警察は2人の間で交通上のトラブルがあったとみて、詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ