大崎上島町の高校教師が車のタイヤに釘を立て掛ける

7月17日、同僚女性の車のタイヤに釘を立てかけるなどした県立高校の職員の男が県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。県迷惑防止条例違反(嫌がらせ行為)の疑いで逮捕されたのは、豊田郡大崎上島町に住む県立高校の職員、平岡陽一容疑者(49)。

平岡容疑者は、21年3月26日から7月12日までの間に、高校の駐車場で3回にわたり26歳の同僚女性が使用する車の後ろタイヤに複数本の釘を立て掛けた疑い。

警察の調べに対し、平岡容疑者は「やっていない」と容疑を否認しているという。

この高校では、ほかの教師も「パンクしたことがある」などと話していることから、警察は余罪も含め詳しく捜査している。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ