広島市で6時間の雨量が観測史上1位を記録

7月8日、梅雨前線に向かって東シナ海方面から流れ込む湿った空気と、豊後水道を吹き抜ける地上付近の風が広島県付近で合流、地形の効果もあり雨雲の帯が形成されているという。

広島県の瀬戸内海沿岸では、局地的に1時間に50mmを超える非常に激しい雨が降り、8時までの6時間の雨量は広島市で144.0mm、竹原市で146.0mmと観測史上1位の記録を更新する集中的な雨が降っている。

集中的に雨が降ったことで土砂災害の危険度が上がり、沿岸部には「極めて危険」を示す濃い紫色のエリアが広がっている。広島県は地形や地質の影響もあり、2014年や1999年など幾度となく土石流災害に見舞われている地域。

また、激しい雨によって冠水がすでに発生し、氾濫危険水位を越えている川が増加している。土砂災害に加えて冠水や浸水のおそれもある状況。雨の峠は越えつつあるものの、雨雲の発生、発達しやすい状況は午後にかけて続く見込み。各自治体からは避難指示が発令されている。(ウェザーニュース)



広島市 竹原市 土砂災害 2021年7月8日


広島市土砂災害 雨雲レーダー 2021年7月21日

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0fe396da509697e35e5f151c6c22fc2b9c8b74c

バッハ来広

2021/07/10 (Sat) 06:20 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ