東京地検が現金受け取った広島の政治家ら100人全員不起訴

2019年7月の参院選を巡る大規模買収事件で、東京地検は、公職選挙法違反(買収など)に問われた河井克行・元法相(58)(控訴中)側から現金を受け取ったとして、同法違反(被買収)容疑で告発された地元政治家ら100人全員を不起訴とする方針を固めた。

大半は起訴猶予の見通し。中には100万円単位の現金を受領した政治家もいるが、こうした高額の被買収者も不起訴となるのは極めて異例。

東京地裁は6月18日の判決で、克行被告が19年3〜8月、広島選挙区に自民党公認候補として出馬した妻・案里元被告(47)(懲役1年4月、執行猶予5年の有罪が確定)を当選させるため、地元政治家ら100人を現金計約2870万円で買収したと認定。案里元被告との一部共謀も認め、克行被告に懲役3年、追徴金130万円の実刑を言い渡した。(読売)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ