広島県職員が自動車販売店の女性従業員の顔面を殴打

福山市の自動車販売店の女性従業員に暴行を加え、けがをさせたとして53歳の県職員の男が傷害の疑いで7月5日、逮捕された。逮捕されたのは、広島県の商工労働総務課の職員、松岡朋生容疑者(53)。

警察によると、松岡容疑者は5日午後3時50分ごろ、福山市内の自動車販売店で、従業員の女性の髪をつかみ顔面を数回殴打するなどして擦り傷などのけがを負わせたとして傷害の疑いがもたれている。

店の従業員が松岡容疑者の行為を目撃し、その場で逮捕して警察に通報した。

調べに対し、松岡容疑者は「わからんといいよるじゃないか」と容疑を否認しているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

ん?逮捕して、警察に通報したのか。良く逮捕出来た。手錠はどこから??w

2021/07/09 (Fri) 14:08 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ