広島の会社員が「ラインペイのポイント譲る」と口説いて16歳少女に裸の動画を送信させる

少女に裸の写った動画を撮って送信させたとして、兵庫県警少年課と甲子園署は7月2日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、広島県大竹市の会社員の男(49)を逮捕した。逮捕容疑は20年7月15日夜、当時16歳の少女に自身の裸を2回にわたって動画撮影させ、無料通信アプリ「LINE」で送信させた疑い。

スマホ決済アプリ「LINE Pay」のポイントを譲る見返りに送信するよう求めたといい「間違いありません」と容疑を認めているという。

同署によると、少女は以前にも裸の画像を別の男に送っており、同署は同法違反の疑いで男を4月9日に逮捕していた。その後、少女が「別の男性にも送ったことがある」と話し、今回の容疑が浮上したという。(神戸)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ