「インセキ」病の呉の44歳男を逮捕

広島市の平和公園にある原爆慰霊碑などに文字が書かれた紙を粘着テープで貼り付けたとして警察は6月25日、呉市に住む44歳の男を礼拝所で礼節を欠く行為を禁じた礼拝所不敬の疑いで逮捕した。逮捕されたのは呉市上平原町の無職、岡本浩孝容疑者(44)。

24日午後0時55分ごろ、広島市中区の平和公園にある原爆慰霊碑など4か所に「インセキ」などと書かれた紙や粘着テープが貼られているのが見つかり、警察が近くの防犯カメラの映像を調べるなどして捜査を進めていた。

およそ3時間後、広島市から離れた呉市の路上で「小学生が不審な男に声をかけられている」と通報があり警察が現場に駆けつけたところ、付近に岡本容疑者を見つけ、防犯カメラに映っていた原爆慰霊碑に紙を貼った男と服装が似ていたことなどから、礼拝所で礼節を欠く行為を禁じた礼拝所不敬の疑いで逮捕した。

調べに対して「紙を貼ったことは間違いない」と、平和公園内の2か所への貼り紙について容疑を認めているという。

警察によると、岡本容疑者は、呉市で小学生に声をかけていた際にも「インセキ」などと貼り紙の内容と同じようなことを話していたという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ