国道2号に寝ていた男性がタクシーにはねられ即死

6月24日未明、広島市南区の国道で道路に横たわっていた男性がタクシーにはねられ死亡した。事故があったのは、広島市南区東雲3丁目の国道2号で、24日午前2時ごろ、海田町方面へ走行していたタクシーが道路の上で横たわっていた男性をはねた。

はねられた男性は近くに住む塩屋勝利さん54歳で、事故で頭を強く打ち現場で死亡が確認された。タクシーは業務中だったが乗客はいなかった。

現場は片側3車線で、事故当時も交通量は多かったという。警察は、塩屋さんの飲酒の有無を調べるとともに、タクシーの運転手から話を聞くなどして事故原因を調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ